ブログ記事一覧

睡眠と健康について

Posted by 保険調剤 公会堂前薬局 | 2013-11-16 09:06


睡眠は人生の約3分の1を占めます。

そう考えると、随分の時間を寝て過ごしていると言えます。

 

睡眠は、もちろん体の疲れを取るために必要ですが、もっとも大事な点は

脳を休めるということでしょう。

また、睡眠中は様々なホルモンが分泌され、体を修復し、新陳代謝を促して、

日中の活動で疲れた身体を効率よく修復します。

睡眠には免疫力を高める役割もあり、睡眠不足が続くと風邪をひきやすくなります。

 

睡眠は脳が休息するための大切な時間です。身体の疲れは横になって休むだけでも、

ある程度回復できますが、脳は起きている間中働きっぱなしで、眠ることしか

休息できないのです。

私たちは、心を身体の健康を保つために眠る必要があるのです。

 

では良質な睡眠をとるために、日常生活で注意したい点を挙げたいと思います。

① 朝起きてすぐ部屋のカーテンを開けて、部屋の中を明るくしましょう。

   休みの日でもなるべく、いつもの起床時間に起きましょう。

② 昼寝をする場合はタイマーをセットし、12~13時の間に30分だけを心がけましょう。

     特に15時以降の睡眠は夜間睡眠に影響を及ぼすと言われてますので、

   夕方眠くなっても我慢しましょう。

③ 夜間は寝る前2時間は飲食を控え、部屋を暗くしリラックスして過ごしましょう。

     布団に入る前はお手洗いを済ませましょう。

     睡眠薬を服用している方は、睡眠薬の服用後テレビやパソコン、携帯画面を

     長時間を見るのは控え、部屋を明るくしないようにしましょう。

     日々の生活習慣を見直すことで、より良い睡眠の質に変えることもできると思います。

 

 睡眠